きのぴーのらららブログ

shinelight.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

最近、通いまくりのもの。

最近もっぱらハマっているのが図書館で本を借りること。
現在の家に引っ越すまでは、家から図書館が遠かったこともあって
ほとんど利用していなかった。

現在の家で、徒歩10分弱のところに図書館があることを発見しまして、
しかも、わたしにとって図書館で借りることのメンドクサい作業 NO1である
「本探し」、それをしなくていいということを知り
そして、区内の蔵書すべてが対象なので、読みたい本が蔵書されていないことがあまりない。
とうわけで、めちゃくちゃ借りるようになったのでございます。(東京の図書館はみんなそうなのでしょうか。)

家のPCで蔵書検索し予約、用意されたらメールがくるので
図書館カウンターに行って、借り受けるだけ。
す、すばらしい。。。。
今まで読みたい本は全部Amazon購入していたので、
本棚に本が山積みになる、。、、ということもなく。
なんちゅー素晴らしい仕組みなのでしょうか。
人生35年生きてきて、なんか、とっても嬉しい公的システムに出会った気がするくらい(おおげさ)

さて、借りまくりの本ですが、
スピ関係で、めちゃくちゃ感動したのが、

泉ウタマロさん著作の

■人生逆戻りツアー
■瑠璃色の涙

これはスゴイ!

今から夜ごはん作らねばならないので
感想はまた明日ですけど、先ほど、「瑠璃色の涙」を読み終え、
涙ぽろぽろ 感動醒めやらぬ。
願望実現のためにいろんなスキルがあると思うけど、
その通りにならないこともいっぱいあると思う。
でも、その通りにならないことの意味というか、そういうのを宇宙スケールで、物語調に教えてくれる。
定められた運命 VS 現在の自由選択意志 
現在過去未来の同時存在とか、
ビッグバン前の自分 とか
スピ本の文章読んでも、とっても抽象的だけど、
これ読んでたら、簡単にイメージできます。

あー良かった。
今日は午前中から気候が素晴らしくて、なんかいいことあるなと思っていたけど
めっちゃ良かったな!
by shine-lalala | 2013-09-30 16:43 | わたしのこと。

自由になる!

わーブログ更新ひさしぶりすぎ。
2013年暑かった暑かった夏も終わり、秋が近づいています。

さて、わたしは昨日で妊娠8カ月となり、おなかも大きくなってきました。
芸能人のように、「キャーしあわせ ハッピー キラキラ マタニティ ライフ!」風な生活ではなく
結構、体力的に大変なことも多いのよ、、したいことも出来ないことも多いしね。と
自分の実感のままの淡々とした生活を過ごしております。

妊婦になって、わー大変だ!と思ったのは、
自分の計画通りにいかないこと。今日これしよう!と思っていても、体がついていかないことが多い。
ご飯食べたら、胃もたれするのでしばらく横にならないといけないし、
そもそもちょっと食べすぎたら、死にそうなくらい胃もたれする。
どこかに買い物行こう!と思っていてもおなかが張りそうになったら休憩しないといけないし。(しなくてもいいけど休憩しないとしんどい)
眠気がひんぱんに訪れて、どんだけ寝れるノン?というくらい 朝寝、昼寝しないと疲れがとれなかったり。
勉強してても、集中力が続かなかったり。
思い通りにいかないし、怠惰な自分に自己嫌悪な日々でしたが、
このような「せざるを得ない」状況の御蔭さまで、

「自分の体が発する声のとおりに生活する」

ことを覚え、そのとおりに生活することに罪悪感を覚えなくなりました!

今までは体力があった分、嫌なことでも頑張れた。
頑張れる余地があるのに、頑張らないことはいけないことだと思っていたし、
もしやらなかったら、そんな自分に腹を立ててたし、
なんなら、やる体力気力ない自分を責めてたし、
もっとできるはずー!って追い込んでた部分があったなぁ~思いました。

でも、それが本当にやりたいことがどうかわからないのにね。
義理だったり、それがリクエストされてるよね、とか、やらないと道徳的にまずいよねとか
そういう動機(他人軸)で物事頑張ってたなぁーと
いま、気付ました。
やっと、やりたくないことはやらない、という許可が
体が動かなくなって初めて、おろせたような気がします。
やっと自分中心で考えていいんだー!みたいな。

なんか最近、自分のいろんな思い込みが
ほどけていって、すごく自由になってきた。ラク。
精神的な自由が、こんなにも身体的にも軽くなるのか、ととっても実感しています。

それに加え、たぶんね、
わたし、「受け入れオーラ」をバンバン発していたように思います。
もうね、それもやめることにしました。

受け入れること=善
受け入れないこと=かわいそう
みたな考え方がありました。

ホントは、もっとバランス良く受け入れる方法もあったのかもしれないけど、
わたしは、自分軸以上に他人軸を受け入れてて、
他人軸を受け入れるためには、自分軸をゆがめてもOK、そういう部分があって、
そういう部分があったからこそ、
なんかいつも損してるなぁとか、面倒なことを頼まれることが多いな~感じる現象が多かったです。

そういうこともあって、8/30が私の35歳の誕生日だったのだけど、
35歳、今年のテーマは「セルフラブ!」にして、実践することにしました。

今まで34年間、充分に他人を尊重して生きてきたから、
これからは、自分尊重して生きていこーと決めました。
自分のニーズを相手に素直に伝えていく、
できないことはできない、できない、やりたくない自分もOK!
別に共感してもされなくても、いいや、
他人がどう思おうともういいや、
今まで充分にその役割を体験してきたから、もうネクストステージに行きましょうと決めました。

そうなるとね、なんかねー、すっごく自由で楽しいです。
軽快軽快♪
今まで自分が思う通りに実践してきた人にとっては、そんなことも制限してたんだ?と疑問に思うと
思いますが、これが制限してたんだよねぇ。そして制限してたことにも気付かなかったんだよねぇ。
(正義とか、義務とか、倫理とか、そうしたら喜ばれるはず、とかそういうもので縛ってたのよねぇ)

セルフラブ!で、受け入れオーラを発することをやめて、今日で約2週間か。
そしたら、不思議なことが起きました。
1年半、ほとんど毎日毎日、数回ロングロングメールを送ってきていた某お方から、
今週は、1回もメールが来てないのです。
あ、1回あったな。こちらが確認したいことに対しての返事メールのみが来た。
あまりの激変ぶりに、何か健康に問題が生じたのだろうか、とこちらが不安になるくらいです。
でも、このキョリ感が私にとっては好ましい関係なので、嬉しい。

理解できなかった、頻繁メール(内容どうでもいいので返信が難しい)。
これも、私が勝手に「相手をしてあげなければならない」「相手をすることがいいことだ」
という「受け入れオーラ」を発してたから
そういう現象を起こしてたのね、と納得いたしました。

相手が悪く、自分が被害者なのではない
自分の想念が相手をそうさせているだけなんだねぇ
また、そういう想念(オーラ、思い込み)があるよ、と気付かせてくれた相手なんだねぇと思った次第です。

やっぱり自分が創造主なんだわー。
納得。

ってことでまたー。
by shine-lalala | 2013-09-13 07:22 | 日々のこと
line

35歳女。わたしにとってのらららん♪な極上タイムを過ごすための探究ブログです。


by shine-lalala
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite