きのぴーのらららブログ

shinelight.exblog.jp ブログトップ

好きと嫌いと無関心。

「好き」の反対語と言われれば?
当然、「嫌い」ですよね。

でも、「好き」の反対後は、本当は「無関心」と言われています。

「無関心」は相手に一切、関心や意識を向けない、
自分が創造主という考えを採用するならば、意識を向けないものは、その人の世界で
いのちを得ることができないことになります。

「嫌い」ですら、対象に「嫌い」という関心を持っていることになるので、
対象に愛情を注いでいることになるのです。

相手のことを嫌い!とか違う!とかで、自分の意見を相手に向けて
イザコザや問題を起こしてしまう人は、それは、相手にまだまだ関心があるから大丈夫、
むしろ愛情深い優しい人なんだな、と私は思っています。

私は、対象物に対して、完全にそりが合わないと思ったら、意見を言うとか、そんなのしなくて
完全無視するタイプです。対象物が人ということであれば、あまり人を嫌いになることはありませんが
(苦手に思うことはありますが)究極嫌いになってしまうことがあれば、自分の中で、完全に対象物の存在を消します。
別に私の意見や考えが正しいわけじゃないし、それぞれごかってにどうぞ。ただし私とは合いませんねということで、相手にも自分の意見を一切言わなかったりします。

そういう意味で、めちゃくちゃ私は冷たい人間なんだろうなーと思ったりします。
反論もめんどくさいからしないし。めんどくさいという時点で、対象には愛情がない、ということですが。
いつもいつも争っている人って、いろんなことに関心(愛情)があるってことでしょう?
その点に関して言えば、すごい高エネルギーで凄いなぁと思ったりします。
もうちょっとやり方があるのでは?とさまざま思うことはあるけれど。。。

まぁ、愛情深すぎても、正直面倒なときはあります。人との距離感とか。
わたしのように、基本あっさり、そして究極、自分にしか関心がない者にとっては、
愛情深すぎる人は、めちゃくちゃ重かったりします。
うるさい、ほっとけこのやろう、てめえの心配しとけや、とか、自分のものじゃない(ここポイント♪)
罵詈雑言がボロボロでてくる。。
むんむんむん。愛情深い素晴らしさを感じる一方でやっぱり重かったりもするし。
物事には、光と闇 同時にあるってほんとですね~。

嫌い!って思える人は、それだけ、好き!って思えることも多いわけで、
それだけいろんなことに関心があるってことは、素晴らしいことなので、
世の中にいっぱい「嫌い!」がある人は、堂々と、それ以上にもっと「好き!」を見つけていけば
生活が楽しくなるのかもしれませんなぁ。

と、延々ととりとめのない話になったけど、最近思うところがあったので、書いてみました。
by shine-lalala | 2012-07-18 03:09
line

35歳女。わたしにとってのらららん♪な極上タイムを過ごすための探究ブログです。


by shine-lalala
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite