きのぴーのらららブログ

shinelight.exblog.jp ブログトップ

怒涛のMarixナイト。

Matrix最後に、ネオがスミスを戦うことを辞め、スミスに体を委ねたことで、光の世界が到来したのは、
光と闇が統合され、新しい世界がやってくることの象徴と、Manaさんが言ってたので、
本当にそうなのかな?とレンタルしてきてたMatrix3部作。
土曜日、夕食を終え、Matrixを見よう!ということになり、1-3巻まで怒涛のMatrixナイトを過ごしました。
20時から、深夜2時過ぎくらいまでぶっ続けで見ておりました。
御蔭さまで、各エピソードのストーリーを忘れずに見れて、濃縮の夜となりました。

哲学や宗教を織り込んで作られてると言われるだけに、派手なアクション以外に
示唆に富む言葉がぼこぼこ出てくる。特にMatrix1巻目に。

■Mr.アンダーソンであることを辞め、赤いカプセルを飲むことで、真実の姿を知ることを選択した
 ネオが、エージェントたちと戦うために、戦闘プログラムをインストールし、モーフィアスと実践練習
 する場面。モーフィアスの速さにネオがついていけません。その時に、モーフィアスがアドバイスした言葉。

 ◆「速く動こうと考えるな、速いと知れ」
   What are you waiting for? you're faster than this.
   Don't think you are. You know you are.」

■ネオが、預言者(オラクル)の部屋を訪れたときに、部屋にいた少年が自由自在にスプーンを曲げて
 いました。トライしようとしたネオに少年がアドバイスした言葉。

 ◆曲げようとしたら曲がらないよ。そうじゃなくて、真実を見ようとしなきゃ。
  スプーンはないんだ。曲がるのはスプーンじゃなくて、自分自身だよ。

■預言者(オラクル)からの言葉
 
 ◆己を知れ。
   道を知ることと実際に歩むことは違う。
   運命なんて信じては駄目。人生は自分で決めるものよ。

■Matrix(仮想現実)で受けたダメージが、本体の姿でも同じダメージを負っている件について
 
 ◆心がそれを現実にしている。(本当は関係がないが?)


場面は忘れたけど。。。

◆心を解放しろ(Free your mind)
◆真実を知る準備ができていないものは、知ることができない。
◆当初理想郷を創ろうとしていたが、人間は不幸や苦しみがないと現実と思えないようだ、
  だから、今の世界になった。


とか。

1~3巻に亘り、とにかく感じたのは、

「Believe=信じる」が、やたら出てくる。
私は信じるわよ、私は信じてるから、とか
当初、ネオは、オラクルから今必要な情報しか教えてもらえなかったことで
自分が救世主であることに懐疑的でしたが、
モーフィアスは、トリニティーは、ネオを絶対的に信じている。
徐々に、ネオ自身も自分を信じ始めていきます。
結局は救世主だったのですが。普通の人間であると自分が信じているうちは、その通りにしかならない。
どのような信念でさえ、自分が握りしめてる「信念」が現実を創っていくんだな、、、とMarixを見て
感じました。信じることが持つ現実化へのパワーをMatrixで実感したように思います~。

あと、「選択」もたくさん出てきたかな。

また、メロンビンジアンがやたらと「原因と結果の法則」を言っており、それはすべてを支配する
絶対的な法則でそれから逃れることはできないと散々言ってましたが、
絶対的な法則でさえ、私たちと同じ源(ソース)から創られているものであり、始まりがある以上は
終わりがある幻にすぎず、私たちはその幻を信じて、その奴隷になっていただけなんだということが
分かります。
「原因と結果の法則」という信念を持ち続けている限り、
その法則のなかで生きることしかできないし、おもしろいことは起きないんだな。。とちょっと思ったり。

今回見て、Matrixは、10年前に見た感想と全然違う!
より哲学的であることを理解しました!まだまだというか半分も理解できていませんが。。。
また、10年後に見たら、さらに拡大された感想が出てくるのかなと、Marixという映画の深さ?幅広さに圧倒されています。

(追伸)
「Know」の状態であること。Manaさんでいう、虚空にすべて持っていることを「知っている」ってこと
ですよね。。「Know」状態=当然、そうであることを知っている状態、に早くなります!と意図しときます。
by shine-lalala | 2012-07-09 02:05
line

35歳女。わたしにとってのらららん♪な極上タイムを過ごすための探究ブログです。


by shine-lalala
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite