きのぴーのらららブログ

shinelight.exblog.jp ブログトップ

空とキリスト教(プロテスタント)

知っている方は知ってますが、
私きのぴーはゴスペルを習ってるんですね。

新しく創設されたクワイヤに参加して1年半、
ほぼ毎週練習してきて、来月8月に初コンサートが開催されます。
本番近くなったからなのか?
この1週間でゴスペル(キリスト教プロテスタント)にも深い学びが訪れています。

Manaさんの空セミナーを終えた次の日の月曜日
ボイトレ後のお茶会にて、なぜか先生とキリスト教についてめっちゃくちゃ深い話になって

「空、理論に似てるな~」

って思うようになった。
もっとキリスト教を勉強しないと、全く似てるのかどうかはわかんないけど、
プロテスタントを誤解してたことは分かった。

今まで 権威主義的なところとか、敵を作りまくって攻撃するとことか
自分は罪人で神様が凄い、みたいなそういうのが、神社では、自分の中に神様がいるという考えなのに
自らの凄いパワーを明け渡しているような気がしていやだったんだな~。

でも、人間は罪びとである、の「罪」の意味を正しく理解すると、今までの理解が違ってたことが分かり
プロテスタントだって、私=神(GOD,LORD)とは考えないけど、
私のそばにいつも神がいると考えているし、
困難が訪れても、それは人間にとって不快なことでも、魂の成長をさせるための神の計画だったり、
空でいう、人間意識と神意識 のことだったり、多くの人から信頼されている哲学なだけに共通点がたくさんある。

空だって、自分でコントロールしてるように見えるけど、
Manaさん言ってたもんね、究極は「操り人形」ですって。人間意識(エゴ)に振り回されるのはキツいけど
抵抗をやめて、神意識(超意識)にサレンダーしたら、めちゃくちゃ楽ですよ。
そしてそれに伴う、すべて調和・豊穣・拡大・繁栄するようにしかならないとも。
イヤサカになるしかない!ってことですね。

今のところ、「輪廻転生の有無」と「神=私 or 神はそばにいるけど私じゃない」というところで
決定的に違うんだけど。。。。

今度、Manaさんと うちのクワイヤの牧師さんにお互いの違いを聞いてみよう!

ゴスペルは、ほとんど聖書のなかの言葉に基づいて歌が作られていますが
神に対する、絶対的な信頼と、すべてを創りたもうた偉大な方への感謝と賛美と
満ち溢れる歓喜と生きる喜び、そういうのを歌っています。

創造主が自分なのか、まったく別の存在であるのかどっちが正しいのかなんては置いといて、
とりあえず、この地球と宇宙を創りたもうた「誰か」の絶対的な存在への信頼、
その存在へ感動し感謝する、そしてその溢れる歓びを歌で、声を通して表現する
そういうことを理解だけじゃなく、腑に落として、ゴスペルを歌ったら、

いままで何十回と歌った歌も、昨日の練習で初めて、初めてこの曲を歌ったかのような感覚で
歌うことができたのでした。はー癒されるし、すごいパワフルになれまちた。(1年半かけてやっと、、、)

◆そんな ゴスペルコンサートの紹介はコチラ。**********************
8/4(土) 17:00~19:00 @日本橋三井ホール(COREDO室町)
****************************************

そして、うちのクワイヤの牧師さん 波多さんはめっちゃくちゃ面白い
関西の牧師さんで、ミスチルの歌詞にみるキリスト教の考察とかね、
いろいろ実社会に結びついたお話をしてくれます。
Amen(アーメン)=神の存在って「ほんまやで~」という意味。
みんなで、Amen部分を ほんまやで~♪と歌ってみましょう!とかね。

東京にはいろんなゴスペルあると思うけど、ただ歌って楽しい、ストレス解消!なクワイヤじゃなく
ゴスペルを深く理解することにつながれるクワイヤと縁があって、私にちょうどフィットしていて
良かったなぁ~ありがたいなぁと思うのでした~。


(追伸)
信じる力、ってむちゃくちゃすごいパワーを発揮するよねぇ。
対象が、神様なのか、自分なのか、どっちでもいいと思うけど。とりあえず、信頼ってすごいわ。

(追伸2)
Manaさんが、究極悟ったというか、いわゆるそう呼ばれる状態になったかな?と思った時とは、
「結局≪自分≫なんてないんじゃん」て分かった時らしい。そこには空白しかない。
めちゃくちゃ怖くなるんだって。エゴちゃん的には。一生懸命「自分」を創り上げて埋め尽くして
アピールしてナンボ、それが快感!の世界に生きてたから。

Manaさんがセミナーで、映画Matrixの話をしていましたが、ネオ(光)はスミス(闇)と戦って戦っても
全然倒れない、消えない、だから、最後の最後は、スミス(闇)にサレンダーしちゃったら、
スミス(闇)は光となってネオ(光)に統合されていった、と言ってた。(闇と戦うんじゃなくて、受け入れるということ?)
それに興味があって、もう一度、Matrixを見返そうと思って、レンタルしてきたのですが、
そういえば、映画に人間が産まれる場面が描かれていて、それは、養卵場みたいなところで
いっぱい飼育されてるような映像だったことを思い出しました。
それを見て、私たち人間はそんな存在じゃない!と思って憤っていたりしましたが、
いい意味での、いろんな体験をしたい!という空の操り人形ということであれば、
そういう映像もありなのかと思ったり。。。

またまたブツブツつぶやいてしまいました。またまとまりなくなったので、これにて終わります!
by shine-lalala | 2012-07-06 15:42
line

35歳女。わたしにとってのらららん♪な極上タイムを過ごすための探究ブログです。


by shine-lalala
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite