きのぴーのらららブログ

shinelight.exblog.jp ブログトップ

衝動。

9月のインド旅行が近づいて参りました。

20代のころは、海外旅行・命、で2年ごとにいろいろと訪れていたのですが、
最近は、わたしの興味はもっぱら国内へ。
興味を持ったらとことん行きつくしたい性格なので
つい先々月 全都道府県 踏破。(通過のみを含まず)
今も青森と京都は行っても行っても行きたい欲が果てませんので
海外への興味は失ったままこのまま過ごしていくんだろうと思っていました。

Qさんがインドツアーを募集していましたが、ふーんってただ眺めてる感じです。
初回の申し込みは3月に定員で締め切られました。

そんなボヤッとした感覚だったのに、行きたい!と気持ちが変化したきっかけとは、
Qさんがブログで今回の訪問先パンゴンツェの湖を紹介していたのを見たときです。
明確なる「衝動」がやってきたのでした。
ここ行きたい!と。
でももう定員は締め切られていくことができません。
5月のはじめ、名古屋に住むお友達のぶんちゃんが上京したときに
下北沢で「あの湖行くならインド行きたかったね。でも今回は縁が
なかったから、また縁ができたらいけるよねぇ」なんてフレンチビストロで話しておりました。

その2週間後、突如、Qさんのインドツアー追加募集が出たのでした。しかも2名。
行く気になっていたので、ぶんちゃんと連絡。
出張先の青森のホテルから申し込みのメールをすると、まだ申し込んだ方はおらず、
晴れてぶんちゃんと併せてインドに行くことになったのでした。
(その後、早急にインド国内線を抑える必要があり、青森から函館へ向かう「特急白鳥」内で、
 急いで旅行代理店さんと電話のやり取りをしました。しかも予想してた値段よりもかなり安く
 抑えることができました。ツイてる!)

別にインドという国自体に意味があったわけでなく、
ただ、素晴らしい景色を見たい!という衝動があっただけなのです。
Qさんのブログに紹介されていた美しい湖「パンゴンツェ」。
それはそれは美しく、私のこころを打ちました。

写真からは、乾いた空気や照りつける日差しを感じることができます。
真っ青な空、美しい稜線、爽快感、何ものにも制限されない開放感
それを実感として五感で味わいたくなったのです。

まさにシンプルに「衝動」でインドに行くことになりましたが、
インド行くと人生変わるなんていうじゃないですか
そういう声を聞くたびにそういう方面へもちょっと期待が膨らんできた今日この頃。
by shine-lalala | 2011-08-02 13:30 | 旅。
line

35歳女。わたしにとってのらららん♪な極上タイムを過ごすための探究ブログです。


by shine-lalala
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite